十六団子🍡

3月16日

十六団子の日です!

16個のだんごを

神さまにお供えする日

古くから日本では

山の神様がいると考えられており

田植えが始まる春になると

山の神様が人里に降りてきて

作物の収穫が終わると

山に帰って行くという

言い伝えがありました

~~~~~~~~~~~

そこで3月16日には

神様にだんごをお供えして

作物がいっぱい実りますように🙏🏼

とお願いしたそうです

 

 

お供えするだんごの意味は

杵と臼でだんごを作っている

ときの音が

“神様を迎える準備ができました”

📣🔔””という合図に

なっていたから

と言われています

また昔から和菓子と「16」

という数にはつながりがあり

昔の日本には

16個の餅を無言で食べることで

健康を祈る”嘉詳喰い”

という風習や

16文(昔の通貨)でお菓子を

買って笑わずに食べると

病気にならない

という風習があったそうです

16個のだんごをお供えするのは

この風習が起源だとされています

 

アーカイブ