🚶🏼‍♀️旅の日

5月16日 今日は…

旅の日🚩

 

俳人松尾芭蕉が

江戸深川の草庵から

”おくのほそ道”に旅立った日

 

芭蕉が尊敬する西行の500回忌

にあたる元禄2年3月27日

 新暦1689年5月16日

「行春や鳥啼魚の目は泪 」

を矢立の初とし旅にでました

ゴールの🏁現・岐阜県大垣市

に着いた時はすでに秋🍁🍂🌾

「蛤のふたみにわかれ行く秋ぞ」

で結んでいます

 

:松尾芭蕉

江戸時代の中期に

現在の三重県

当時の伊賀国に農民の身分の

両親の元で生まれ

幼名は金作

13歳の時に父親が無くなり

家計が苦しくなり

伊賀の侍大将の元に

料理人で仕えることになる

侍大将に仕えたことにより

身分の高い者の嗜みであった

俳句に触れる機会に恵まれ

芭蕉は”松尾宗房”の名前で

俳句をよむようになりました

 

 

後に兄が亡くなると

すでに夢中になっていた

俳句の道を究めたいと思い

俳句研究の最先端である江戸に

上京したそうです

 

芭蕉は俳句だけでは

生計は立てられず

23歳から35歳まで

10年以上に渡り

肉体労働や水道工事の事務仕事等

をしていたという

逸話もあるそうです

GWが終わったばかりですが

旅の計画をたててみては

いかがでしょうか(❁´◡`❁)

最近のブログ記事

伊達巻

2024/05/24

いよいよ・・☂️

2024/05/23

🗼🌠スカイツリー

2024/05/22

小学校初🏫

2024/05/21

5月20日

2024/05/20

アーカイブ