🚗 自動ブレーキ義務化

2012年頃から普及しはじめた

自動ブレーキ 通称「AEBS」
正式名称
「衝突被害軽減ブレーキ」

歩行者の飛び出しや、よそ見などで

運転者がブレーキを踏むのが遅れた場合

衝突を察知し、自動的にブレーキを操作して

減速させたり、衝突前に停止する

ブレーキ装置 AEBS

現在は全ての車両に搭載されていませんが

2019年12月に国から発表された

2021年11月より
自動車ブレーキ義務化

AEBS認定制度

自動ブレーキ性能条件

① 静止している前方車両に対して

      50km/hで接近した際衝突しない

    又は、衝突時の速度が

      20km/h以下になること

② 20km/hで走行する前方車両に対して

      50km/hで接近した際衝突しないこと

③ ①及び②において、

      衝突被害軽減ブレーキが作動する

      少なくとも0.8秒に運転者に衝突回避

   操作を促すための警報が作動すること

高齢者による事故割合が増加し

死亡事故の30%が運転操作ミス

自動ブレーキ搭載の車両でも

確実に止まる訳ではありませんが

重大事故を防ぐ一助となる安全装置です

ブログカテゴリー

アーカイブ