樹氷の季節

12月25日から

蔵王樹氷まつりが

開催されるようです

スノーモンスターと

称されるだけあり

実際に間近でみると

迫力があります

子どもの頃は

ゲレンデの下の方でも

見ることが出来ましたが

最近は

上の方まで行かないと

見れない様ですね

ライトアップもされます

   

蔵王の樹氷ができるまで

シベリアからの北西の季節風は

日本海の対馬暖流から

多くの水蒸気をもらって

雪雲をつくります

雪雲は朝日連峰で上昇

多量の雪を降らせます

山形盆地を通り

再び蔵王連峰で上昇

雪が降ります

その時、雲の中は

多くの雲粒が0度以下でも

凍らない過冷却水滴になり

雪とまじりあった状態になります

1月~2月は

快晴の日が少なく

風向きは北西から西を示し

平均風速が10~15m/s

平均気温がマイナス15℃の

吹雪の世界になり

こうした気象条件のなか

成長して樹氷になるそうです

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

パワーステアリング

2022/01/18

警告灯 第4弾

2022/01/17

スタッドレスタイヤ

2022/01/15

鏡開き

2022/01/11

ブラックアイスバーン

2022/01/08

アーカイブ