春の七草粥

年も明けてから7日目

一年の最初の節句

「人日の節句」

七草の若芽を食べて食物がもつ

生命力を取り入れ

無病息災でいられるように願いを込めて

「七草がゆ」が食べられるそうです

春の七草と言えば

『 せり、なずな、、

    ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、、

    すずな、すずしろ、、

    はるのななくさ     』

と、五・七・五・七・七

短歌のリズムて覚えるといいですよ

芹(せり)

せり科の多年草

古事記や日本書紀にも記録がある

古くから食用にされていました

薺(なずな)

アブラナ科の年越草

実の形が三味線に似ていることから

日本では、ぺんぺん草とも呼ばれています

御形(ごぎょう)

キク科の年越草

喉の痛みの緩和やデトックス効果があり

ハーブティーとして人気が高まっています

繁縷(はこべら)

ナデシコ科の年越草

中国では古くから薬草として

歯磨き粉などに使用されていたそう

仏の座(ほとけのざ)

キク科の年越草

食用のコオニタビラコを指していて

黄色い小さな花を咲かせます

菘(すずな)

アブラナ科の蕪(かぶ)

弥生時代頃の中国から伝わったそうです

蘿蔔(すずしろ)

アブラナ科の大根

風邪予防や美肌効果が期待できるとか

最近のブログ記事

いよいよ・・☂️

2024/05/23

🗼🌠スカイツリー

2024/05/22

小学校初🏫

2024/05/21

5月20日

2024/05/20

洗心庵

2024/05/18

アーカイブ