雑草をいただく山形

雑草を食べると言われる山形、住んでいるとそれが普通だと思っています

でも、他県の方からすると とても不思議な事なのかも知れません

そのひとつが、『  ヒョウ 』です。正式名称「すべりひゆ」

と言うそうですが、山形人はヒョウが馴染みがあります

一般的に食べられるヒョウ(すべりひゆ)は赤い茎で黄色い花を咲かせ

「 おんなひょう 」とも呼ばれ、独特のぬめりと酸味があります

もうひとつ、(いぬびゆ)は、ひし形の葉と緑色の茎をもつ一年草

「 おとこひょう 」と呼ばれ 癖のないシンプルな味とか

6月下旬から7月上旬ごろが旬で、花が咲かないうちに摘む

花が咲いてから収穫すると酸味が出てくるそうです

ヒョウは、「 辛し和えのおひたし 」「 ひょう干しの煮物 」が主流

個人的には、煮物が好みですが・・・

『 今年もひょとしていいことがあるかも 』の願いを込めて

正月料理には欠かせない、郷土料理のひとつです

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

🏔 蔵王山 🏔

2021/09/21

🚬 シガーライター

2021/09/18

運転に気を付けて ⚡

2021/09/17

🌼 キンモクセイ 🌼

2021/09/16

🚗 タイヤの側面 🚗

2021/09/15

アーカイブ