十日夜🌕

”とおかんや”   ”とおかや”

 

ご存知でしょうか?

一般的にお月見というと

十五夜が有名ですが

実は…

十三夜や十日夜もあるんです

十日夜は旧暦の10月10日

に行いますが

旧暦は新暦よりも1ヵ月から

1ヵ月半誤差があるため

毎年日付が異なります

今年は11月22日です

 

旧暦は月の満ち欠けによって

日付が決められており

地球から見て太陽が月に

隠れてしまい

月が全く見えない日を

月齢0(新月)と呼び

そこから月齢1(繊月)

月齢2(三日月)と呼び方が

変わっていきます

そして月は15日周期で

新月と満月を繰り返すため

新月から15日後の

月齢14(十五夜)が

満月になります🌕⭐

十日夜はこの呼び方の一つで

月齢9に当たる日となり

新月から10日後という意味

があります

 

十日夜は十五夜のように

お月見をする訳ではありません

月が6割程しか見えない事から

お月見が主というわけではなく

収穫祭の意味合いが

強いものですが

十五夜・十三夜・十日夜の

3日間

晴れてお月見ができると

縁起がよいとされている

そうです

最近のブログ記事

いよいよ・・☂️

2024/05/23

🗼🌠スカイツリー

2024/05/22

小学校初🏫

2024/05/21

5月20日

2024/05/20

洗心庵

2024/05/18

アーカイブ