水無月

6月を旧暦では

水無月(みなつき)

といいますよね

梅雨の時期なのに

なんで、水が無い月なんでしょう

6月は田んぼに水を引く時期

水無月の「無」は

無いの意味ではなく

助詞である「の」

にあたるそうで

「水の月」という意味だそう

他にも

「水月(みなづき)」

「水張月(みずはりづき)」

などと呼ばれるようになったどか

田んぼに水を引いたり

梅雨の時期だったり

水に関する出来事が多い月ですね

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

かみなり

2022/07/05

チューブレスバルブ

2022/07/02

文月~ふみづき~

2022/07/01

半分終り、半分始り

2022/06/30

熱中症

2022/06/29

アーカイブ