ブレーキランプがつかない

車には、

ヘッドライト、ウィンカー

テールランプやバックランプ

色々なところに電気がついています

その中のひとつ

「ブレーキランプ」

自分では気づくことができない

電球がブレーキランプです

ヘッドライトやテールランプは

つきっぱなしになるので

自分自身で確認できます

ウィンカーに関しては

点滅の間隔が早くなるので

これも気づくことができます

ですが・・・

ブレーキランプは

ブレーキを踏まないとつかないので

自分自身ではわかりません

たまに、親切な方や

ガソリンスタンドなどで

切れてることを

教えてもらうことがありますが・・・

ブレーキランプがつかない原因で

1番多いのがバルブ切れです

フィラメント(アース線)が切れたり

電極が消耗して

接触不良を起こしていたりします

最近は、LEDテールランプもあります

LEDは寿命が長いので

なかなか消えたりしないのですが

ただ、LEDのブレーキだと

バルブ交換では直せないので

テールランプそっくり交換

なんで場合もありますのでご注意を

車の板金修理や整備は

弊社へご連絡下さい

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

蝉の声

2022/08/18

歩行者優先

2022/08/17

車の修理おまかせ

2022/08/16

お盆休みお知らせ

2022/08/09

スパークプラグ

2022/08/08

アーカイブ