十五夜

2022年の十五夜は

9月10日、中秋の名月

満月は拝めるでしょうか

十五夜と言うと15日と思いがちですが

毎年、日にちは変わっています

旧暦では、8月15日とされ

月の満ち欠けを基準にしていました

新暦では、太陽の動きを基準としているため

旧暦と新暦にはずれが生じ

9月中旬から10月上旬の間に

十五夜がくると言われているそうです

「中秋の名月」と言われる十五夜

秋の真ん中に出る月

という意味があるそうです

お供え物の「月見だんご」

五穀豊穣の祈りや感謝の意味があり

お供え後、だんごを食べると

健康と幸せが得られると言われてます

十五夜だから15個

下から9個、4個、2個と積み重ねて

お供えするそうですね

もう一つ、「ススキ」

神様の依り代と考えられており

稲穂が実る前なので、似ているススキを

稲穂に見立て選ばれたと言われている

ススキの鋭い切り口が魔除けとされ

お月見が終わったあと

軒先に吊るしておく風習もあるとか

いろいろ風習などがありますが

純粋に夜空を見上げて

お月見を楽しむだけでもいいかも

晴れてお月様がみえるといいなぁ

最近のブログ記事

いよいよ・・☂️

2024/05/23

🗼🌠スカイツリー

2024/05/22

小学校初🏫

2024/05/21

5月20日

2024/05/20

洗心庵

2024/05/18

アーカイブ