ブレーキパッド

愛車を運転の際、ブレーキが効かない

なんてことがあったら怖いですよね

車のブレーキシステムは

ディスクブレーキとドラムブレーキです

大体の車両のフロント部は

ディスクブレーキ

ブレーキペダルを踏むと

くるくる回っているローターを

両側から「バシッ」と挟んでくれます

そうするとタイヤの回転が止まり

ブレーキがかかるのです

ブレーキパッドは消耗品です

新品の時は、約10mm程の厚みがあります

しかし、ブレーキを踏むたび

ディスクローターの回転を止めるため

摩擦により減っていきます

交換時期は、3mm以下が目安

減ったまま走行すると

ブレーキの効きが悪くなるほかに

ローターにもキズが付き

ブレーキを踏むたび

「キーキー」音が鳴ると

修理代金が高くなってしまうことも

タイヤを外さないと見えない部分なので

日常点検では発見できないかも知れません

法定点検や車検では

ブレーキパットを点検するので

3mm以下になったら

早目の交換をお勧めします

愛車の点検・整備をしっかりして

安心して運転して下さい

最近のブログ記事

いよいよ・・☂️

2024/05/23

🗼🌠スカイツリー

2024/05/22

小学校初🏫

2024/05/21

5月20日

2024/05/20

洗心庵

2024/05/18

アーカイブ