交通事故

自動車社会である現代

自動車を運転する人しない人

どちらにしても

いつ、

加害者・被害者になるか

わからないのが交通事故です

交通事故の発生状況

交通事故は

法令や規制の強化

自動車の性能向上

などにより

減少傾向にありますが

まだまだ多いのが現状です

いまだに3千人を超える死者と

45万人を超える負傷者が発生しています

安全不確認脇見運転

動静不注意の順で

事故の多くは

運転者の安全義務違反

よるものが大半です

交通事の発生形態別の

割合を見てみると

車両相互の衝突・追突による

事故が 85.3%

人対車両事故が 11.8%

車両単独事故が  2.9%

発生場所の割合は

交差点内と交差点付近を合わせ

54.9%と過半数を占めます

事故発生形態や

発生しやすい場所を

把握しておくことにより

より注意深く気を付けることが

出来るかもしれません

車間距離をあける
一時停止をきちんと止まる

1人1人の

ちょっとした注意で

事故が減っていけばいいですね

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

パワーステアリング

2022/01/18

警告灯 第4弾

2022/01/17

スタッドレスタイヤ

2022/01/15

鏡開き

2022/01/11

ブラックアイスバーン

2022/01/08

アーカイブ