定義如来西方寺

西方寺の御本尊

阿弥陀如来は

霊験あらたかな仏様として

多くの人々の

「心のよりどころ」となっており

本堂では、健康祈願や

子宝祈願、安産祈願などの御利益がある

本尊である如来様は

平重盛公の平和祈願により

中国径山寺(きんざんじ)から

送献されたと伝えられています

壇ノ浦の戦いで平家が敗れた後は

平貞能公がこの地に隠れ住み

如来様を大切にお守りしました

貞能公は、なおも世をはばかるため

ここで名前を定義と改めます

このことが「定義」の

呼び名の由来とされているそうです

五重塔

平貞能公への報恩感謝と

御供養、未来永劫の

人類平和を祈念するシンボルとして

昭和61年10月に建設

 

五重塔庭園入口付近には

樹齢300年以上の

「いたや楓」があり

庭園のシンボルとして

皆様をお迎えしています

でも、一番の楽しみは・・・

定義名物の三角あぶらげ

三角あぶらげに

醤油と七味をかけて

アツアツを頂きました

訪れた際は、

ぜび、ご賞味下さい

   

ブログカテゴリー

最近のブログ記事

かみなり

2022/07/05

チューブレスバルブ

2022/07/02

文月~ふみづき~

2022/07/01

半分終り、半分始り

2022/06/30

熱中症

2022/06/29

アーカイブ